キャバ嬢から学ぶ「 アルコール筋症 」

まいど。ファンクラ編集部お酒と格闘技担当のブロンソンです♪

皆さんは【 アルコール筋症 】を知っていますか?
実は筆者もつい最近この言葉を知りました。

ヴィヴィ京橋結城るいさんのブログに書かれていたので少し詳しくご紹介したいと思います。

お酒のあとの筋肉痛…?

お酒を飲むと翌日頭が痛くなったり気持ち悪くなる、いわゆる二日酔いになる人は多いかと思います。

中にはお酒を飲み過ぎると翌日に筋肉痛のような症状が出る人もいるようです。

急性アルコール筋症って?

ジムで身体を追い込んだ後のような筋肉痛が、お酒を飲んだ翌日に起こった場合、
それは「 急性アルコール筋症 」かもしれません⚠️

この筋肉痛は、アルコールによって筋繊維が破壊されるために起こっているのです。過剰摂取により、筋力低下と筋の萎縮が起こる可能性も!

トレーニングの筋肉痛との違いは?

筋肉トレーニングに場合は、一度トレーニングで傷つけた後の超回復によって筋が成長していくメカニズムになっていますが、このアルコール筋症で傷つけた筋肉は、残念ながら超回復はしません。

アルコール分解によってタンパク合成ができなくなった事による損傷なので、筋肉は逆に痩せることもあります。

防ぐための方法は?

急性アルコール筋症は、アルコールによってたんぱく質の合成量が阻害されることによって起こります。
良質なたんぱく質は破壊された筋肉の再生をスムーズに促してくれるので、にプロテインの補給が有効だと言われています。

飲んでる最中に同量の水を飲むだけでもで速やかな排出が促されますので、だいぶ症状が和らぎます。さらにスポーツドリンクの摂取もミネラルが補給出来て効果的なんだとか。

結城るいさんも【 アルコール筋症 】に悩まされているんだそうです。

年を重ねるごとにこの症状は出やすくなるようなので、皆さんも日頃から注意しておきましょう!