中谷潤人アメリカで初防衛成功!

まいど。ファンクラ編集部お酒と格闘技担当のブロンソンです♪

今回もボクシングの話題です。

2021年9月10日(日本時間11日)、王者中谷潤人と指名挑戦者で同級1位アンヘル・アコスタ(プエルトリコ)とのWBOフライ級タイトルマッチが行われました。

中谷選手とは?

中谷潤人選手は171cm、𝟐𝟏戦𝟐𝟏勝 𝟏𝟔𝐊𝐎の左ボクサーファイター。その優しい風貌から「愛の拳士」というニックネームを持っています。

令和に入ってから唯一世界王者を獲得した日本人でもあり、ポスト井上尚弥とも言われる実力者です。

試合展開

対戦相手のアコスタ選手は元WBOライトフライ級の王者でもある実力者で、KO率87%を誇る強打者でもあります。

初回、中谷選手は慎重さを活かし、距離をとって右ジャブ。
2分20秒すぎにワンツーを放つと、左ストレートがモロにアコスタ選手の顔面を捉える。アコスタ選手はこの際に鼻骨を骨折し、鼻血が止まらない。

Top Rank Boxing on Twitter: “The MASSIVE left hand from Junto Nakatani that got the blood flowing out of Acosta’s nose. 😬😬#ValdezConceicao | Undercard on ESPN+ pic.twitter.com/B5zEIz2Q0n / Twitter”

The MASSIVE left hand from Junto Nakatani that got the blood flowing out of Acosta’s nose. 😬😬#ValdezConceicao | Undercard on ESPN+ pic.twitter.com/B5zEIz2Q0n

アコスタの鼻骨を粉砕した中谷の左ストレートの瞬間

2、3回も左フックが顔面を捉え、流血はさらに拡大。4回早々にレフェリーストップとなった。

日本人初の初防衛戦米国デビュー勝利

コロナ禍で5月の大阪開催が延期の末の米国開催となるも、「米国のリングは目標だった」とプレッシャーを跳ね除けての初防衛戦米国デビュー勝利は見事という他ありません。

試合は全米にもスポーツ専門局で生中継されていたため、モンスター井上に次ぐ日本のホープとしてアピールできたのではないでしょうか。

目指すは6階級制覇

興行を主催したトップランク社ボブ・アラムCEOも中谷を絶賛。年内にも再び米国でV2戦の可能性が出てきた。

中谷はWBC王者フリオ・マルチネス(26=メキシコ)の名を挙げ、次なる目標を統一戦に掲げた。

最終目標として6階級制覇を口にしている中谷は、階級アップも視野に入れている。一つ上のスーパーフライ級は日本人王者の井岡一翔をはじめ、ファン・フランシスコ・エストラーダローマン・ゴンサレスなど役者揃い。

スーパーフライ級への挑戦も興味深いですが、まずはフライ級タイトル統一に期待したいです。では!