知らなきゃ恥ずかしいショットドリンクの世界

まいど。ファンクラ編集部お酒と格闘技担当のブロンソンです♪

キャバクラで喜ばれるお酒といえば、まずは泡系のシャンパンを思い浮かべるかと思います。
ですが、手っ取り早く酔いたいというキャバ嬢、特に若いキャバ嬢を中心に流行っているのがショット系のお酒です!

ショットとは強いお酒を小さいグラスで薄めずに飲む、香りと風味をダイレクトに楽しめる上級者のお酒の飲み方のこと。
今回はそんなショット系のお酒を紹介しちゃいます。

ショットのド定番「テキーラ」

メキシコ原産のテキーラはショットドリンクの王道です。アルコール度数が40%あり、ベロベロになりたい方には最高のお酒です。

「青臭さ」と喉に走る「辛さ」が特徴。塩&ライムで飲み干す事で、塩をトマトやスイカにかけると甘みが引き立つのと同じように、テキーラの甘みを際立たせる、つまりはテキーラを飲みやすくさせる効果があります。

キンキンに冷やしたテキーラは飲みやすいので、飲み過ぎには注意してくださいね!


ショット界の新定番「コカレロ」

コカレロとは、コカインの葉から作られたお酒で度数は29度。もちろん製造過程で麻薬成分は取り除かれていますのでご安心を! 
ミントの様な爽やかな香りがするのに甘く、メロンソーダのような色合いとは裏腹に、ズシッとお腹にくる重みが特徴です。

そのコカレロにレッドブルを合わせたものがコカレロボム! キャバクラでも「コカボム」と略され大人気。これがまた爽やかな風味で飲みやすい上にキマりやすい!(※酔うの意)
飲み方は専用の容器を使うのが定番です。容器の下半分にレッドブルやコーラなどの割もの、上半分にコカレロを入れ一口に飲み干します。

余談ですがこの一杯でおにぎり一個分のカロリーがあるらしい…恐ろしい…

「イエーガーマイスター」

数あるハーブ系リキュールの中でも、高い知名度を誇っているイエーガーマイスター。
ドイツ生まれのリキュールで、長年愛されている商品です。

イエーガーマイスターは、シナモンやミント、ラベンダーなど色々なハーブをブレンドしています。
その素材の種類はなんと56種類!
そのため、少量でも栄養価に優れているため、ドイツでは養命酒のような立ち位置にいるんです。確かに薬のような後味を感じます。

キャバクラでは「イエーガーマイスター」、「イエーガー」と呼ばれ、ショットで飲むことが多いです。

そして最後に紹介するのは進化系ショットの「クライナー」!

イエガー、コカレロに続き今、注目を集めているのが「クライナーファイグリング」。ドイツ発祥で”小さい”という意味のイチジク味のショットです。

1本の容量は20mlで度数は20度。可愛い小瓶に入ったショットというのがウケまくり、このショットを置いている店は軒並み入荷待ちになる程の大人気!! 飲んでいる姿も飲み終わった後もインスタ映えするからか、パリピ女子が飲んでいる印象が強いですね♪
ショットで飲んだ後はかわい過ぎて捨てられず、コレクションしている女の子も多いみたいです 。

この投稿をInstagramで見る

㍉㍉💜(@shirasakijyura)がシェアした投稿

今回、紹介したどのショットも、知っていれば周りにワンランク差をつけられること間違いなしです。
キャバクラでも置いているお店は多いので、女の子と手っ取り早く盛り上がりたい方にはショットドリンクをオススメします✨