やっぱヘビー級でしょ。フューリーvsワイルダー観戦記

まいど。ファンクラ編集部お酒と格闘技担当のブロンソンです♪

今回もボクシング観戦記です。
2021年10月9日(日本時間10日)、王者タイソン・フューリー(英)と前王者ディオンテイ・ワイルダー(米)とのWBC世界ヘビー級タイトルマッチが行われました。
フューリーとワイルダーの対戦は実に3度目!

2018年12月の1度目の対戦は引き分けによりワイルダーがタイトルを防衛、2020年の2月のリマッチではフューリーがTKOでタイトルを獲得。この試合でワイルダーは44戦目でプロ初黒星を喫しました。

因縁の対決

そんな世界中が注目する因縁の3戦目は試合前から大盛り上がりを見せます。

Top Rank Boxing on Twitter: “The @Tyson_Fury vs. @BronzeBomber rivalry has officially reached its highest boiling point.These men are ready to throw HANDS tonight. 😳Order the #FuryWilder3 PPV now: https://t.co/VljEbXTzmu pic.twitter.com/1MWqRz3Ee3 / Twitter”

The @Tyson_Fury vs. @BronzeBomber rivalry has officially reached its highest boiling point.These men are ready to throw HANDS tonight. 😳Order the #FuryWilder3 PPV now: https://t.co/VljEbXTzmu pic.twitter.com/1MWqRz3Ee3

前日の計量で激しく罵り合う二人。

戦前予想も50/50とほぼ互角。お互いに完全決着を狙うKO必至の試合を予想する声が多かったです。

いよいよ試合開始

さて、注目の一戦、ましてやヘビー級のタイトルマッチ。会場の演出の金のかけ方もまさにヘビー級。
両者の入場シーンも圧巻。

アフリカの戦士の様な出で立ちで入場するワイルダー

TYSON FURY Epic Ring Walk | Tyson Fury vs Deontay Wilder III

TYSON FURY RING WALK!Tyson Fury Defeated Deontay Wilder By 11th Round KO Retaining His WBC, Ring Magazine and Lineal Heavyweight Titles on 9th October 2021.#…

古代ローマ戦士のようなコスチュームのフューリー

さすがヘビー級。ん〜、試合開始前から痺れます!

ダウン連発の死闘

試合内容はというと、まさに歴史に残る大激戦。

序盤は予想通りワイルダーが仕掛けます。ボディージャブを効果的に放ちますが、フューリーの対応力も素晴らしい。
3R。先にダウンを奪ったのはフューリー。ロープ際で右ストレートをテンプルに打ち込み、左の返しのアッパーもヒット。

倒し倒されの大激闘

このまま試合は決まるかと思われたが、4Rにワイルダーが逆襲。得意の右ストレートで立て続けに2度のダウンを奪う。しかしながらフューリーといえば驚異の回復力の持ち主。5R以降はダウンしたのが嘘かの様な動きを見せる。
一方のワイルダーは短期決戦を狙ったのもあり、ダウン後からは脚がグラグラで一髪狙いのパンチしか放てない。

10Rフューリーの右がヒットして2度目のダウンを奪う。ここはワイルダーはよく立ったと思う。ダウンの応酬に会場のファンは大熱狂。
決着は11R。フューリーの右フックにワイルダーが崩れ落ち、TKOとなった。

11R。崩れ落ちたワイルダーと勝者フューリー

海外でも「モハメド・アリとジョー・フレージャー、リディック・ボウとイベンダー・ホリフィールド以上の価値のある3部作」と評されるほどエキサイティングな試合でした。年間最高試合候補は間違いないでしょう。
素晴らしい試合をありがとう!
では!