amazonで「難消化性デキストリン(dextrin) 」を買ってみた話。

日本で発見された食物繊維の一種である難消化性デキストリンは、脂肪の吸収を抑えて血糖値上昇を穏やかにすることが確かめられてきています。今現在でもCMで良くみかける特定保健用食品(トクホ)のドリンクにはだいたいこれが入ってます。

残念ながら特定保健用食品(トクホ)以外では効果効能が認められた商品は存在しませんが、研究成果が明らかになるにしたがって、今や難消化性デキストリンを含むサプリは多種多様です。

どれを選べばいいかわからない、本当に大丈夫なの?という方も多いのではないでしょうか…ということで、自分が最近Amazon’s Choiceでよくオススメされる商品をレビューしてみますー

難消化性デキストリンの効能:
大塚製薬さんのHPから…ふむふむ…

難消化性デキストリン|大塚製薬

難消化性デキストリンは食物繊維不足を補うためにトウモロコシのでんぷんから作られました。 消費者庁から特定保健用食品(トクホ)の関与成分としても許可されています。 難消化性デキストリンは食物繊維不足を補う目的で作られた デキストリンとは、α-グルコースがグリコシド結合 ※1によって重合 ※2した低分子量の物質の総称で、デンプンの仲間なのです。 …

1.糖の吸収スピードの遅延作用(食後血糖の上昇抑制作用)
2.整腸作用
3.脂肪の吸収スピードの遅延作用(食後血中中性脂肪の上昇抑制作用)
4.内臓脂肪の低減作用
5.ミネラルの吸収促進作用

らしいです…w

●今回はレビューです。(なんとなーくな感じなので…w)
自分はもう2年くらい自宅のお茶に混ぜてる感じですが、2番の「整腸作用」は確実に出るので続けています。あと体重は急激に変動するほうですが、これを飲み始めてからは5kg一気に太るとかいうことはなくなりましたねー。1番の「糖の吸収スピードの遅延作用」があるようなないような…w

使い勝手部分では、こちら溶けやすいです。
最初の頃に購入した海外製品は常温では結構ダマになってたりしました。こんなもんかなーって最初は思ってましたが、最近こちらの商品に変えて、常温でも大丈夫なんやーこっちのほうがええやんって感じです。

あと…チャック付きだから面倒な移し替えやゴム留めが不要ですねー
トウモロコシを利用した粉末タイプの商品で、パッケージにチャックが付いているため、開封後に輪ゴムで留めたり中身を別の容器に移したりする手間はかかりません。
袋が遮光性に優れていて、日持ちしやすいのと湿気でベタっとなりにくいのもポイント高いです。合成甘味料は不使用で、添加物が気になる方にもおすすめの内容ですね~。

いかがでしたでしょうか…
ちょっと健康志向のサプリメント的な話で、自分の使用感くらいしかお伝え出来ない感じですが、使ってみてちょっと良かったので書いてみました。

最近では、以下とか…

難消化性デキストリンの中でも、特に注目したい成分がαシクロデキストリン(サイクロデキストリン)らしいです。水や油に馴染み、食物繊維の性質とオリゴ糖の性質を併せ持ち、さらに吸着する性質をも持った特別な構造で、一般の難消化性デキストリンと違って、脂質の吸収まで抑えてくれるのが大きな特徴とのこと。

αシクロデキストリンは脂肪と結合してそのまま排泄されますが、1gあたり9倍の脂肪を取り込む力があると言われています。例えば、1日に5g摂取すれば、食事からの脂肪を45g除去できるということに。45gの脂質は計算上ではなんと405kcalということになり、たった5g飲むだけでこれだけの脂肪を排出できるのであれば素晴らしいですよね~♪

過体重の人や食事制限が必要にもかかわらず困難な人、もしくはダイエットを試みようとしている人には特におすすめできる減量成分です。アメリカでも、その研究が注目を集めていると言われています。これに該当する商品はまだ数多くありませんが、次はこれで試してみよ~かなぁ…また報告していきますー