気まぐれアジア旅 〜ミャンマー編①〜

現在では戒厳令が敷かれ、情勢不安となっているミャンマー連邦共和国。

https://www.bbc.com/japanese/56410962

そんな状況になるとは思ってもいなかった4年前に、ふと噂に聞いたアジアの山奥に

光輝く神秘的な岩があると!

しかもご利益も頂けるという。。。(↓イメージ画)

ということで早速、ミャンマーの主要都市でもあるヤンゴンへと向かった。

(↓ヤンゴンの街並み)

ヤンゴンについて早々に思うことがあった。

とりあえず、尋常じゃないぐらい暑い!!!!!

知らなかったのだが、僕が行った4月・5月は

謎の「酷暑期」と呼ばれる期間であった。。。

だいたいアジアでは乾季と雨季の2種類だと思っていたのだが。。。

日本と同じで湿度も高く、めちゃくちゃ蒸し暑い!! 僕が行った時は

その年の最高気温45度までいきました。。。

(↓あまりの暑さにみんな日陰に避難している)

何にせよ、光輝く岩を見てご利益をもらうまで我慢と心に決め、目的地に向かう為にバスへと乗り込むことに。

ここから光輝く岩がある山の麓の街へと移動するのだが、

その所要時間が4時間半!

まぁまぁ長い。。。寝ておけばいいだけの話なのだが、バスの中もまた蒸し暑く、道も舗装されていないガタガタ道。。。

一番辛かったのが、なぜか運転手がひたすら対向車へ挨拶代わりのようにクラクションを鳴らし続けていたこと。

4時間半、ずっとプーッ、プーッと。。。

↑4時間半、クラクション鳴らしまくりの運転手。ちなみにテレビはずっとつくことはなかった

↑暑さにやられ、グッタリの坊さん。

神秘なる場所はまだまだ険しい。。。

つづく