気まぐれアジア旅 〜台湾編③〜

前回のつづき、台湾の秘境に隠された温泉地を見つけるべく台湾に向かった我々。

ようやく目指すべき温泉地がある場所「烏來」に向けてバスで移動したのだが、

だが、着いた場所は思っていた感じとはちょっと違う。。。

果たして、無事に着くことはできるのか。。。

気まぐれアジア旅 全話

気まぐれアジア旅 - ファンクラ編集部ブログ

烏來に到着した我々。思っていた感じの場所ではなかったが、

とりあえず、バス移動中に調べていた宿泊するホテルを探すがてら、

この街を観光することにした。

さすが温泉街ということもあり、観光客が多くいた。

ここは「烏来老街」という場所で様々な食べ物などを販売する屋台が立ち並ぶ歴史ある大通りだそうだ。

上の写真は烏来老街の入り口付近。

奥に入っていくと賑やかさを見せてくる烏来老街。

様々な出店が立ち並ぶ。

出店をさらに抜けると観光名所的な橋が現れた。

多くの観光客を目にし、我々のテンションも上がり、温泉地を目指すべく

前日に予約していたホテルを探すことに。

そして、チェックインしようと予約したホテルを地図を見ながら探すのだが

これがなかなか見つからない。。。

どんどん山奥へ進んでいく。。。どこココ??

道路に出たが、一向にホテルは現れず。。。

この辺のはずなのに。。。

そうこうしてウロついていたら、

土砂降りの雨が。。。

5月だったのだが、この時期は急に天候を崩し、雨が降ったりするそうだ。。。

もはや何もする気がなくなるほどの大雨。。。

立ち尽くし、雨やどりするしかなかった。。。

そうしたら、

巨大なカタツムリが大量発生。。。日本じゃ見たことないサイズ。。。

どうなってんの?

そして、体も冷えてきて、ホテルも見つからず、呆然としていたとき。。。

急に曇天がかき消え、太陽が現れ、絶好の天気に!

さらに我々の前に虹が現れたのであった!

あの巨大カタツムリも幻だったかのように消えていた。。。

この奇跡的な光景に放心すらしていた我々。。。

その時、何気に隣を見てみると。。。

予約していたホテルがあった。。。

これぞ、台湾の奇跡か。。。

というかなぜ気づかなかった。。。

暗雲立ち込めそうになったが、なんとか乗り越えた我々。

この奇跡に続き、最終目的の温泉へと無事につくことはできるのか。。。

つづく

タイトルとURLをコピーしました