【付録付き雑誌のススメ】アウトドア系おすすめ付録

以前はカフェ系を紹介しましたが、第2弾の今回はアウトドアにオススメの付録付き雑誌(ムック本)を紹介したいと思います!

前の記事 【付録付き雑誌のススメ】カフェ系おすすめ付録 はコチラ

  

アウトドアブランド「Coleman(コールマン)」から本格的なアウトドアグッズ付きオフィシャルブックが発売されています。

焼き目がつく本格派「肉厚スキレット」

Coleman BRAND BOOK #04 SKILLET ver.

セブンネットで見る

肉厚の鉄板は食材をジューシーに焼き上げられます。底の凹凸で焼き目もつけられ、2箇所の注ぎ口はソースを作った時や油を流したい時に便利な実用性抜群のアイテム。宝島社公式サイト、セブン-イレブン/セブンネット限定で発売!

  

コールマンのランタン型「カッティングボード」

Coleman BRAND BOOK #04 CUTTING BOARD ver.

セブンネットで見る

丸い窪みはコールマンのカップがすっぽり収まる仕様。カップを置けばワンプレートが完成します!遊び心のあるランタン型が可愛い。

   


ペンギンマークが可愛いアウトドアブランド「Marmot(マーモット)」からも万能器具付きブランドブックが発売されています。

レッドが印象的な万能「メスティン」

Marmot メスティンBOOK

amazonで見る

これ一つで炊き込みご飯からパスタ、スープになんとプリンまで調理できる万能さ。アウトドアだけでなく家庭でも使えます!ミニレシピ付きなのであとは材料を用意するだけ。

  


キャンプ道具のネーミングがワクワクするコスパの良いアウトドアブランド「DOD(ディーオーディー)」からは、多機能バックパック付きブランドブックが発売されています。

普段遣いもできる「多機能バックパック」

DOD MULTI BACKPACK BOOK

amazonで見る

バッグの底にはコンパクトな寝袋やマットを収納できるバックルベルトが付いていたり、フロントにはキーホルダーやカラビナが取り付けられたり、ペットボトルが入るサイズのサイドポケットやクッション入りの背面ポケットなどなど…多機能な普段遣いにも丁度いいバックパックです!

  


三代目 J SOUL BROTHERSや山下健二郎さんが好きな人もそうでない人も!キャンプするのに便利なランタン付きコラボBOOK!

ファンにはたまらない「ロゴ入りランタン」

三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE KENJIRO YAMASHITA CAMPING TOOL BOOK

三代目 J SOUL BROTHERS の山下健二郎さんとコラボした限定アイテム付き!「JSB Ⅲ」のロゴが入ったLEDランタンと巾着バッグ、山下健二郎さんがプロデュースするブランド「HIGH FIVE FACTORY」のオリジナルステッカーまで付いてます。ローソン限定バージョンとは価格とカラーリングなどが違うため、好きな方を選んでみてください!

【 ローソンver. 】

三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE KENJIRO YAMASHITA CAMPING TOOL BOOK LIMITED ver.

  


アウトドアのお供に最適!普段遣いもできる「軽量&撥水ジャケット」

moz 軽量撥水ジャケットBOOK MEN OLIVE ver.

セブンネットで見る

moz 軽量撥水ジャケットBOOK WOMEN BLACK ver.

セブンネットで見る

男性用も女性用も2色展開で合わせやすいブラックとオリーブ。UVカットと撥水でこれからの夏にもオススメです。フード付きなので雨の日にも◎ゆったり着たい女性はMENサイズ、小柄な男性はWOMENサイズが良さそう。宝島社公式サイト、セブン-イレブン/セブンネット限定で発売!

▼▼▼ もうちょっと厚手がいい方には以下がオススメ!

moz ウインドブレーカー BOOK WOMEN

moz ウインドブレーカー BOOK MEN

  

【 おまけ 】初心者でも簡単!キャンプ飯

クックパッドの簡単キャンプ飯

amazonで見る

キャンプに行ったら楽しみなのが“キャンプ飯”!!良いロケーションで美味しい空気の中で食べるご飯は格別!初心者でもキャンプで簡単に作れるメニューがたくさん紹介されているのでキャンプのオトモに是非!

  


いかがでしたか?コロナで人の多い場所への外出はできなくとも、広大な山や川などへの外出で開放感を味わいたい方へオススメのグッズがたくさんあったと思います。前回はカフェ系グッズ特集、今回はアウトドア特集でしたが、また別のものも紹介していきたいと思います!

この記事を書いた人:たまご