金沢の白山比咩神社に「おついたちまいり」するキャバ嬢

こんにちは、ファンクラ編集部のamabieです。

zoo金沢みやびちゃんのblogに「3月1日に起きて、白山比咩神社へおついたち参りに行きました!」とありました。みやびちゃんとトークで盛り上がりたい方のために「おついたちまいり」についてまとめてみました。

zoo金沢のつばきちゃん

おついたちまいりって何?

石川県にある「白山比咩(しらやまひめ)神社」は全国に3,000社余りある白山(はくさん)神社の総本宮。

ここで毎月1日に行われる特別参拝「おついたちまいり」は、縁結びをはじめ、数々のご利益をいただくことができると全国から参拝者が集います。白山比咩神社は、石川、福井、岐阜にわたりそびえる霊峰白山のパワーを秘めたものすごい神社なのです。毎月1日に行われている特別参拝が「おついたちまいり」。無事に過ごせた一カ月に感謝し新しい月の無事を祈るもので、早朝4時半からの参拝には各地から多くの参拝者が訪れます。

なんと、金沢市長も毎月参拝に訪れるとのこと。

白山比咩神社はどんなご利益があるのか?

白山比咩神社のホームページには「五穀豊穣・大漁満足・開運招福・家内安全・良縁成就・交通安全・生業繁栄・学業成就・身体健全・夫婦円満・福徳長寿・家運長久・子孫繁栄・神人和楽(しんじんわらく)」とあります。

白山比咩神社には「菊理媛神(くくりひめのかみ)」と伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、伊弉冉尊(いざなみのみこと)の三柱が祀られています。もともと仲の良い夫婦だった伊弉諾尊と伊弉冉尊ですが、妻である伊弉冉尊が先に亡くなってしまいます。死んだ妻に会いたいと黄泉(よみ)の国に向かった伊弉諾尊の前に現れたのは、かつて美しかった妻の変わり果てた姿……。こんなはずではなかったと言い争う伊弉諾尊と伊弉冉尊を仲直りさせたのが、菊理媛神といわれており、以来、縁結びの神様とされています。

禊場(みそぎば)がある珍しい神社

白山比咩神社の興味深い点は、「禊馬(みそぎば)」があることです。

境内に禊場がある神社は全国的に珍しく、ここで体を清め、けがれを洗い流すと良いとされています。一般の方も体験が可能ななんだとか。平成29(2017)年から開催されている月2回の禊体験は海外の方にも人気だそうです。(新型コロナの影響もあると思いますので、現状は事前確認ください)

そんなおついたちまいりで、みやびちゃんは「3月は沢山お酒が飲めますように!」とお願いしたそうです。

すごい!そんなお願いしてるのはみやびちゃんだけなのでは?!

よし!みやびちゃんに沢山お酒を飲ませてあげよう!

zoo金沢に行ってきま~す!