健康からみるビールのおつまみ3選

家飲みのいいところは、好きなビールに好きなつまみを好きな材料で作れるところ。
毎日お酒を飲むなら健康に気をつけたいし、ヘルシーなおつまみのほうがいいですよね。

お酒を飲むと、油濃いもの、塩辛いものを皆さん好みがちですが、。
高カロリー、高塩分のおつまみを食べる身体への負担となり、肥満の原因になりかねません。

今回は、簡単に作れて体に良いおつまみをご紹介したいと思います。

▼カプレーゼ

チーズなどの乳製品は、消化の段階で胃での滞在時間が長く、アルコール分の吸収を妨げてくれます。
かんたんに作れて低糖質で高タンパクな、チーズなどの乳製品を先に食べておくと効果的ですね。


▼材料
 トマト1個
 モッツァレラチーズ1個
 オリーブオイル(出来れはエクストラバージン)大さじ2
 レモン汁(ポッカレモン)小さじ1
 塩コショウ適量
 粗挽ブラックペッパー適量
 乾燥バジル適量

▼作り方

トマトをスライスに切ります。

モッツァレラチーズも同じくらいの大きさに切ります。

2つを盛りつけ、上から調味料をかけて完成です。

https://cookpad.com/recipe/2668053

▼オクラと長芋のわさびポン酢和え

胃腸のことを考えるなら、ネバネバ食材もおすすめ。
オクラ・納豆・里芋・長芋などのネバネバ食材のネバネバ・ヌルヌルの正体は「ムチン」という成分。
保水力を持ち、胃の粘膜を保護したり、肝機能を高める効果が期待できます。

▼材料
 オクラ3本
  長芋5センチ
 大葉3枚
 茗荷1本
 ポン酢ひと回し
  わさび少々

▼ 作り方

 オクラはさっと茹でて、長芋、茗荷、大葉も細かく刻みます

 ポン酢とわさびで和えて完成

https://cookpad.com/recipe/6809960

▼ ブロッコリーとしめじのナムル

飲んでも健康がきになるなら野菜とキノコのおつまみはどうでしょう
アルコール代謝に限らず、すべての代謝は、代謝に必要なビタミンとミネラルが全て揃っていることが必要になります。

そこで、おつまみを少しでも健康的にしたければ、緑黄色野菜を使用している料理を1品準備しましょう。

ごま油の風味がたまらない、ナムルレシピのご紹介です。
作り方はとても簡単。下処理した野菜と調味料を混ぜれば完成

▼材料 (2人分)
 ブロッコリー70g
 しめじ50g
 ・ 砂糖小さじ1/2
 ・醤油小さじ1
 ・酢小さじ2
 ・オイスターソース小さじ1
 ・白いりごま小さじ1
 ・塩少々
 ・黒こしょう小さじ1/2

 ・ ごま油大さじ2

▼作り方
 1. ブロッコリーは房を小さく切り分ける。しめじは手でさいておく
 2. 耐熱容器に入れラップをして、電子レンジ600Wで4分加熱する
 3. 調味料を混ぜて加え、よく和える

https://cookpad.com/recipe/6832191

お酒好きの方には、脂分や塩分を抑えたあっさりとした調理法、料理がおすすめです。今回、ランキングでご紹介したレシピを自宅で作って、健康的にお酒をたしなんでみてはいかがでしょうか。お酒の飲み方は、適量が一番。美味しいおつまみと一緒に程よく楽しみましょう。